50代女性に多いばね指!まさにこれなんです

      2017/06/15


スポンサーリンク
 
こんにちはアラフィフ「さわまり」です
 
40代までは結構無理がきいて
気合で忙しさも乗り越えてきましたが
50歳になってからは無理がきかなくなって
こんなはずじゃなかったという事が多々あります
 
ここ1年ぐらい前から右手の親指第一関節が
曲げ伸ばしするたびカクンとするのです
痛みもあります
 
マッサージの先生に聞いたら「ばね指」とのこと
ばね指は整形でしか治らないと言われ
気のりはしなかったのですが整形外科に行ってきました
 
やはりばね指と診断されて
筋肉注射をされて~これが痛いのです
しばらく通って様子を見ることになりましたが
ばね指は手術しかないと言われ躊躇してしまいました
手術しても完全に治るとは言い切れないみたいですし
 
 

ばね指と女性ホルモンの関係とは?

スポンサーリンク
 
ばね指調べてみますと
手を酷使する人がなりやすいというイメージの腱鞘炎ですが
実はとても女性に多い症状みたいなんです
女性ホルモンのバランスが関わっているみたいです
 

腱鞘炎にはばね指、ドゥケルヴァン病、テニスひじとあります

手のひら側の指の付け根が痛む
指を伸ばすときにひっかかるように感じる
80%程度が女性で平均年齢50代が多い
まさに私はばね指です
 
関節リウマチ、糖尿病、痛風などの慢性的に炎症状態の人が
よくばね指になりやすいと言われていますが
最近ではパソコン作業に従事する人の腱鞘炎が増加しています
 

エストロゲンとの関係

女性の場合妊娠中、出産後、更年期は特にかかりやすいのは
この時期、女性ホルモンその中でもエストロゲンの変化が著しい時
エストロゲンの欠乏は骨、筋肉、血管などさまざまな器官に影響を及ぼし
骨粗鬆病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの疾患につながりますが
腱もエストロゲンが関係しているようです
 
女性ホルモンのバランスで腱鞘炎だけではなく
色々な問題がある微妙なお年頃みたいです
 
痛みはあるし右手なので不自由なので
ハリ治療に通うことにしました
 
指だけではなく腕や肩から
さらに身体も疲れているので全体を整えていただき
数回通ってばね指の痛さは治りました
 
手術しかないと言われていたのでほっとしました
 
東洋医学は身体をひとつの宇宙としてとらえ
そのバランスが崩れたときに「病」が発生すると考える医学
更年期などで身体のバランスが崩れる50代女性にとって
この東洋医学の考え方はあうのかもしれませんね
 

まとめ

無理がきかない年齢を理解し
自分を労わらなければいけないですね
 
無理せずご自愛しましょう「50代アラフィフの楽しい毎日」のために
 
 スポンサーリンク
 
 

 - 健康