トヨトミの野望~読んで面白かった本

      2017/08/10


スポンサーリンク

こんにちはアラフィフ「さわまり」です

パートナーからこれ面白いよってすすめられました

でもハードカバーで381パージとちょっと立派な本
・・・どうしようかな~ハードカバーだとお風呂で読めないし

わたし、本はお風呂で読みます
お風呂で読むからだいたい単行本か雑誌など濡れてもいい本です
さすがにハードカバーはお風呂には持ち込めないので

先日大雨が降った日を読書の日にして読み始めました

この本はフィクションですが
世界一の売り上げ規模を誇る巨大自動車「トヨトミ自動車」で
叩き上げで社長に就任した武田剛平と創業一族で社長の座を狙う
豊臣統一という登場人物を中心とした話です

フィクションですが愛知県に本社を構える自動車会社といえば「あの企業」
この20年間に起きた記憶にある数々の事件などが盛り込まれ
かなりリアリティのある物語になっていて夢中になって読める小説でした

巨大企業になりながら同族会社の思い入れや問題点
愛知県の田舎から出てきた自動車メーカーが世界と戦う内幕
そして自動車産業の未来など

ラストシーンで創業一族の社長が決断する大転換の決断は
非常に興味深い未来です

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

こうゆう経済小説は難しい部分もありますが読んでいると
勇気や活力を感じてパワーを貰えます
そこが読書の楽しいところでしょうか?
たまには自分が触れない世界を感じるのもいいですね

ハードカバー381ページは勇気がいりますが
経済、自動車産業の近未来を感じるためにもぜひ読んでみてください

スポンサーリンク

 - ライフスタイル