ドラッグストアが増加!まだまだ増える要因とは?

   


こんにちはアラフィフ「さわまり」です

最近、街を歩いていると
ドラッグストアを目にします

名古屋中心の栄のメインストリート
デパートやファッションビルの並びにも
ドラッグストアがあります

栄から伏見(地下鉄1駅)の区間にも
ワンブロックに1件は
ドラッグストアがあるぐらい

たしかにドラッグストアは買う側にとっては
薬、コスメ、飲料水やお菓子、雑貨など
日用品が揃っているので便利ですが

ドラッグストアありすぎじゃない!?



少し調べてみました

ドラッグストアの状況

ドラッグストアの総店舗数は
2016年度18874店
2000年度比6割増しになったと
日本経済新聞で報じていました

セブン・イレブンの国内店舗数が
2017年6月末で19588店なので
ドラッグストアはコンビニ並みになっています

ドラッグストアの利益率とは?

マツモトキヨシは5.8%
ウエルシアホールディングス4.1%
平均は約4%になります

消費不振、小売不振と言われるなか
この4%はかなり良い数値のようで
ドラッグストアは儲かるようです

なぜ利益がでるのか?

1.薬剤師を配置して医療用医薬品の調合事業を行える
2.一般医薬品の販売が行える
3.化粧品の取り扱いが出来る

医薬品と調合の粗利率は30%台後半
化粧品の粗利率は30%超となります

高収益の商品を扱えることで
他の日用品を安くできるため
安くて何でも揃う店になるようです

ドラッグストアはまだ増えるのか?

高齢化の影響で健康を意識する人が増えて
医薬品や健康食品、サプリメントなどの需要がますます増えます

近い将来には店舗数は倍になり
現状5兆円規模ですが10兆円産業に成長するようです

さわまりの感想

ドラッグストアは高齢化と健康志向のニーズにあわせて増加するようです
たしかにアラフィフさわまりもさらに高齢になったとき
近所にコンビニとドラッグストアがあれば便利ですね
時代の変化で色々な業態が変わっていくのを実感します


スポンサーリンク



 - ライフスタイル