花を飾る余裕~紫陽花

      2017/08/10


スポンサーリンク
 
こんにちはアラフィフ「さわまり」です
 
自分で買ったお花も、酔って帰ってきたパートナーから貰ったお花も
枯れてしまいましたのでお花を買いに行きました
 
自分で買ったお花は
 
酔って帰ってきたパートナーから貰ったお花は
 
前回は新しくみつけたお花屋さんでしたが
今回も気になっていた花屋さんに行きました
 
emof(エモフ)
古い街並みに一見花屋さんには見えない感じにさりげないお店
 
一輪の花が蕾から花開き枯れていくまでのそのときどきの顔
 
every moment of flowers
”花、そのときどき” 
 
たった一輪でも、その場をぱっと明るく豊かな気持ちにさせてくれる
魔法のような存在のお花たち。
私たちの生活のあらゆるシーンで、そのときどきに違った形で寄り添い、
思いを伝えたり心を癒してくれます。
 
emofでは、お花のチカラで日々の生活に彩りを添えるお手伝いが
できればと考えています。
 
店内は古いお家に遊びに来たような
ドライフラワーのアレンジも素敵
 
一緒に行った友達もお花を選んでいます
 
選んだのは紫陽花~小さい紫陽花です
 
この時期は街中でもよく見かけますが
小ぶりで花びらが八重なんて珍しい
色も淡いパープルとピンクが優しいねっ
 
よく見たらハートのかたち
年甲斐もなくラブリーな気分になります
 
スポンサーリンク

紫陽花の素敵な花言葉とは?

元気な女性

フランスの花言葉です。
赤やピンクの可愛らしい色の花と、フランスでは開花する6月~7月の気持ちのいい気候から
元気な女性というイメージでつけられたようです
 

一家団欒、家族の結びつき

紫陽花の小さな花びらが寄り集まって咲いている姿からつけられました
 

辛抱強い愛情

意味は2つあります
1つ目は、鎖国時代に長崎に来日したドイツ人医師シーボルトが
国外追及になった時に紫陽花を祖国に持ち帰り「オタクサ」と命名
シーボルトが愛した日本人女性楠本滝(くすもとたき)を想ってつけた名から
辛抱強い愛情という花言葉が生まれました
 
2つ目は、開花期間が長く梅雨のしとしと降る雨の中
じっと耐え忍ぶように咲いている姿からつけられました
 

紫陽花の悲しい花言葉とは?

移り気・浮気・変節

紫陽花の色が変化する特徴から生まれた言葉です
咲き始めの淡い黄緑色から薄いクリーム、薄い青、濃い青、やや紫がかった青、赤っぽい紫
と色が変化するその様子からつけられました
 

あなたは美しいが冷淡だ

これは紫陽花の美しい青や藍色の花のイメージからの花言葉です
 

高慢・無情

これも紫陽花の色のイメージからつけられたようです
 

まとめ

見た目と違って色々な解釈にちょっとびっくりですが
わたしのお部屋の紫陽花は天使の羽のようなハート形で
わたしをやさしくつつみこんでくれます
 

さらに

 
お花を買ったわたしたちは
昔懐かしい器で出される小倉アイスクリームを食べました
 
 
スポンサーリンク
 
 

 - ライフスタイル