秋、待ち人来ず・・・

   


こんにちはアラフィフ「さわまり」です

大型の台風が上陸するということで各地で警戒しているかと思います
さわまりも用事は午前中にすませ午後からは家にこもることに


おやつも買いこんで準備万端です!

ところが夕食済んでも雨も風もない・・・待ち人来ず

気になるので台風について確認してみました

台風とは

 熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

 台風は上空の風に流されて動き、また地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っています。そのため、通常東風が吹いている低緯度では台風は西へ流されながら次第に北上し、上空で強い西風(偏西風)が吹いている中・高緯度に来ると台風は速い速度で北東へ進みます。

引用:国土交通省・気象庁ホームページ

いつも台風の進行が気になるところでしたが
台風は上空の風と地球の自転の影響で進行するんですね

 台風は暖かい海面から供給された水蒸気が凝結して雲粒になるときに放出される熱をエネルギーとして発達します。しかし、移動する際に海面や地上との摩擦により絶えずエネルギーを失っており、仮にエネルギーの供給がなくなれば2~3日で消滅してしまいます。また、日本付近に接近すると上空に寒気が流れ込むようになり、次第に台風本来の性質を失って「温帯低気圧」に変わります。あるいは、熱エネルギーの供給が少なくなり衰えて「熱帯低気圧」に変わることもあります。上陸した台風が急速に衰えるのは水蒸気の供給が絶たれ、さらに陸地の摩擦によりエネルギーが失われるからです。

引用:国土交通省・気象庁ホームページ

台風に伴う風の特性

 台風は巨大な空気の渦巻きになっており、地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。そのため、進行方向に向かって右の半円では、台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。逆に左の半円では台風自身の風が逆になるので、右の半円に比べると風速がいくぶん小さくなります。

引用:国土交通省・気象庁ホームページ

台風がどちら側を通るかで風の吹き方が違うんですね

台風に伴う雨の特性

 台風は、強い風とともに大雨を伴います。台風は積乱雲が集まったもので、雨を広い範囲に長時間にわたって降らせます。

 台風は、垂直に発達した積乱雲が眼の周りを壁のように取り巻いており、そこでは猛烈な暴風雨となっています。この眼の壁のすぐ外は濃密な積乱雲が占めており、激しい雨が連続的に降っています。さらに外側の200~600kmのところには帯状の降雨帯があり、断続的に激しい雨が降ったり、ときには竜巻が発生することもあります。これらの降雨帯は下の図のように台風の周りに渦を巻くように存在しています

引用:国土交通省・気象庁ホームページ

台風が来る前に気をつけること

1.最新の台風情報の確認をする
2.家の周りの再点検をする
3.窓や雨戸を補強する
4.床上の浸水対策をする
5.ライフライン断絶に備える

台風の動きは都度変わりますから確認をしつつ、防風雨による被害を最小限にする再点検も必要
断水に備えて飲料水は確保し、浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水は確保しましょう

台風が来たら気をつけること

1.外へ出ない
2.できるだけ高い所に避難
3.水に近づかない
4.エレベーターを使わない
5.山の斜面から離れる

大雨によって予想外に急に川の増水や道路の冠水が起きますので水には気をつけたいですし
台風の影響で送電線が切れ停電になることも十分考えられますのでエレベーターなどは使わないようにしましょう

さわまりのまとめ

台風は2014年23個、2015年27個、2016年26個発生しています
今年は今のところ19個なので、まだ台風は来るかと思います
地域によって影響はかなり違いますが気を抜かずに備え対処したいですね

名古屋も雨風が強くなってきました
明日朝には何事もなく晴れてくれること、全国の被害が無いことを願います

スポンサーリンク

 - ライフスタイル